早めの検査で治療|若い男性でも悩んでいる人が多い湾曲ペニス

若い男性でも悩んでいる人が多い湾曲ペニス

女医

早めの検査で治療

医者

性病は愛する人とのセックスを台無しにしてしまいます。愛を確かめるための行為で、相手の健康を害してしまっては悲しいだけです。そうならないためにも、梅毒やHIVなどの性病検査を行なうことが大事です。梅毒は、一昔前は治療法のない不治の病として恐れられていました。実際に多くの人を死に至らしめた経緯があるので、治療法の研究・開発には多くの時間と努力が掛けられました。ペニシリンが登場して以降、梅毒は治せる病になったのですが、現在再び流行しています。感染経路のほとんどは性行為によるものです。好きな人と肌を合わせた際に、肌や粘膜の細かな傷口などから体内に侵入することが分かっています。コンドームを装着しても、口の中などに病変部位があればキスなどでも感染してしまいます。梅毒はHIVと同じく感染後に潜伏期間があるため、症状を見逃してしまうと進行を防げません。感染してから3週間あまり経った頃に、陰部や口、手指などにピンク色の丸いあざが出てくるため、なるべくその時点で感染を疑いましょう。セックスの前にしっかり検査を受けた方が良いのは言うまでもありませんが、行為の後3週間経過してから受けることも大事です。大切な人と自分自身を守るためには、梅毒の検査をしっかり受けるようにしましょう。梅毒は現在、完治できる病です。しかし放っておけば心臓や神経系に重大な障害を引き起こしてしまうため十分な注意が必要です。もし気になる場合は、情報を集めて早めに検査を行ないましょう。